神経因性膀胱

尿にかかわる神経の障害によって、排尿障害が現れる状態をいいます。排尿運動には脳から膀胱に至るまでの多くの神経が関与しており、この道筋のどこに病変がおきても神経因性膀胱として排尿障害が生じます。脳では脳腫瘍脳出血認知症パーキンソン症候群多発性硬化症ALS)、脊椎・脊髄では脊髄損傷や脊椎損傷脊柱管狭窄症、脊椎腫瘍脊髄腫瘍、二分脊など、また末梢神経では糖尿病、直がん膀胱がん子宮がんなどが原因となります。代表的な脳出血による症状には、尿閉頻尿尿失禁、また脊髄による症状には、膀胱の弛緩まひや尿失禁溢流性尿失禁尿意がなくなり尿が溢れてくる)などがあります。

注目キーワード(2017年12月11日付)

この内容の不備な点を報告する

入力したことばの どれかを含む 全てを含む
「介護110番事典」の利用規約に準じてご利用下さい。
 詳しく検索するには
たくさんのワードを入力し検索する場合には?
複数のワードを入力する場合には、ワードとワードの間にスペース(全角ではなく半角です)を入れてください。
検索方法「どれかを含む」「全てを含む」の違いは?
  • 「どれかを含む」
    入力ワード全てが含まれていることばも、入力ワードそれぞれが含まれることばも合わせて検索されます。
    (幅広く検索したい場合にお使い下さい)
  • 「全てを含む」
    入力ワード全てが含まれることばのみを検索させます。
    (検索結果を限定したい場合にお使い下さい)
    検索結果は“ことば”の50音の順番に表示されます。

内容での疑問や不明な点、誤字などございましたらお手数ですが介護110番宛にメールでお知らせ頂けますようお願いします。