膀胱がん

膀胱の組織内に悪性細胞が認められる病気で、男女合わせると泌尿器のがんの中で最も多いです。疑われる症状としては血尿や排尿痛などで、診断には超音波検査、尿細胞診検査、造影検査が用いられます。ほとんどは根が深くない表面的ながんであるため内視鏡で電気切除を行った後、膀胱の中に抗がん剤を入れて再発を防止します。もし、内視鏡で切除できない時には、膀胱の摘出が必要となります。また、化学療法(抗がん剤を使用した治療)や放射線治療膀胱がんには比較的効果があるので手術前後に行われる場合があります。

注目キーワード(2017年9月30日付)

この内容の不備な点を報告する

入力したことばの どれかを含む 全てを含む
「介護110番事典」の利用規約に準じてご利用下さい。
 詳しく検索するには
たくさんのワードを入力し検索する場合には?
複数のワードを入力する場合には、ワードとワードの間にスペース(全角ではなく半角です)を入れてください。
検索方法「どれかを含む」「全てを含む」の違いは?
  • 「どれかを含む」
    入力ワード全てが含まれていることばも、入力ワードそれぞれが含まれることばも合わせて検索されます。
    (幅広く検索したい場合にお使い下さい)
  • 「全てを含む」
    入力ワード全てが含まれることばのみを検索させます。
    (検索結果を限定したい場合にお使い下さい)
    検索結果は“ことば”の50音の順番に表示されます。

内容での疑問や不明な点、誤字などございましたらお手数ですが介護110番宛にメールでお知らせ頂けますようお願いします。