小規模多機能施設

介護110番
ようこそゲストさん  あなたの〈知識〉〈体験〉〈思いやり〉で、みんなの質問/悩み/相談に答える!介護コミュニティにご参加ください! | ログイン/マイページ
ことば辞典詳しく検索するには>> 前に戻る
入力したことばの  
利用上のご注意利用規約に準じてご利用下さい。

小規模多機能施設この内容の不備な点を報告する

平成18年4月に創設された地域密着サービスの一つです。日中の通所介護や日中及び緊急・夜間時の訪問介護、短期宿泊、長期居住といった複数の介護サービスを、一体的かつ継続的に提供する小規模施設です。24時間365日対応で、費用は要介護度に応じた定額制です。登録定員は25名以下、通所の一日あたりの定員は15名以下(ただし、他の介護事業所のサービスと併用はできません。)、泊まりは5名〜9名。認知症実践者研修を受講した職員も配置されています。その多くは、宅老所や一部の特別養護老人ホームの「サテライト」方式を下敷きにしており、高齢者が住み慣れた地域を離れずに介護が受けられるよう支援することが主目的です。厚生労働省小規模多機能施設を「施設ケア」と「在宅ケア」の中間的なサービスを提供する拠点として定義づけ、団塊の世代が65歳以上となる2015年までに実現すべき高齢者介護のあり方のひとつに位置づけています。 (参考)サテライト

この内容が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有してください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る