要介護度

要介護度要介護状態区分 介護保険制度において、被保険者介護を必要とする度合いを表したもので、2006年の介護保険法改正により、従来の6区分から7区分に変更されました。65歳以上の被保険者が市町村に要介護認定を申請すると、機能障害、基本動作、日常生活動作(ADL)、理解力、問題行動などの認知・行動関連項目などの項目についてケアマネジャーが必要な調査を行い、主治医の意見書を添付し、それらを参考に、介護認定審査会において要介護度が決定されます。最も軽度の要支援1から、要支援2、要介護1要介護2要介護3要介護4要介護5の7段階に分けられ、 要介護認定非該当者や介護サービスの対象外であっても、要介護状態になる可能性の高い人には、介護予防事業が提供されます。

注目キーワード(2019年3月26日付)

この内容の不備な点を報告する

入力したことばの どれかを含む 全てを含む
「介護110番事典」の利用規約に準じてご利用下さい。
 詳しく検索するには
たくさんのワードを入力し検索する場合には?
複数のワードを入力する場合には、ワードとワードの間にスペース(全角ではなく半角です)を入れてください。
検索方法「どれかを含む」「全てを含む」の違いは?
  • 「どれかを含む」
    入力ワード全てが含まれていることばも、入力ワードそれぞれが含まれることばも合わせて検索されます。
    (幅広く検索したい場合にお使い下さい)
  • 「全てを含む」
    入力ワード全てが含まれることばのみを検索させます。
    (検索結果を限定したい場合にお使い下さい)
    検索結果は“ことば”の50音の順番に表示されます。

内容での疑問や不明な点、誤字などございましたらお手数ですが介護110番宛にメールでお知らせ頂けますようお願いします。