介護保険制度

2000年4月に施行された『介護保険法』に基づく社会保険制度で、その目的は介護の必要な高齢者とその家族を全国民で支えることにあります。社会保障制度の改革の一環として、老人保健制度老人福祉制度を再編成するとともに、これまで別々に運営されてきた医療・福祉介護の3サービスの統合を図っています。『介護保険制度』は、市区町村が3年ごとに介護報酬を見直して保険料の改定を行うとともに、5年ごとに制度全体の見直しを行うことになっています。施行後、軽度者(従来の基準での要支援要介護1)の増加、軽度者と中・重度者(従来の基準での要介護2〜5)に対するサービスの画一性、在宅と施設利用者の間の給付や負担の公平性などが指摘されてきましたが、これらの改善を図るべく制度改正が行われ、2006年4月に施行されました。この一環として、2005年10月から一部が先行して実施されています。“介護老人福祉施設”“介護老人保健施設”“介護療養型医療施設”など介護保険施設での居住費(家賃・光熱水費など)と食費、“デイサービス”“ショートステイ”など通所系施設の食費が、原則として保険給付の対象外(実費負担)となりました。

注目キーワード(2019年3月26日付)

この内容の不備な点を報告する

入力したことばの どれかを含む 全てを含む
「介護110番事典」の利用規約に準じてご利用下さい。
 詳しく検索するには
たくさんのワードを入力し検索する場合には?
複数のワードを入力する場合には、ワードとワードの間にスペース(全角ではなく半角です)を入れてください。
検索方法「どれかを含む」「全てを含む」の違いは?
  • 「どれかを含む」
    入力ワード全てが含まれていることばも、入力ワードそれぞれが含まれることばも合わせて検索されます。
    (幅広く検索したい場合にお使い下さい)
  • 「全てを含む」
    入力ワード全てが含まれることばのみを検索させます。
    (検索結果を限定したい場合にお使い下さい)
    検索結果は“ことば”の50音の順番に表示されます。

内容での疑問や不明な点、誤字などございましたらお手数ですが介護110番宛にメールでお知らせ頂けますようお願いします。