老化

成熟期以後の人の身体の恒常性や生理的機能が、時間の経過とともに低下することです。老化は、“生理的老化”と“病的老化”に分類されます。生理的老化とは疾病を伴わないもので、生理機能の進行的な低下、器官と組織の萎縮などの老化などがあります。一方、病的な老化とは栄養、運動、ストレス、大気汚染など環境的な要因や、遺伝子損傷など遺伝的な要因により病的な状態を伴うもので、高血圧動脈硬化糖尿病がん白内障骨粗鬆症認知症などがあります。器官や脳の細胞は、加齡に伴って減少します。筋肉では筋細胞の萎縮が見られ、生理的機能は25〜30歳をピークとして年とともに低下していきます。神経系や細胞では機能低下が小さく、腎臓呼吸循環器系の低下は大きくなります。また、生理的機能の中には、継続的な運動をすることで、機能の低下が抑えられるものがあります。例えば、身体の維持や活動を担う骨は、定期的な運動を続けることで骨密度の減少が抑制されます。

注目キーワード(2019年3月26日付)

この内容の不備な点を報告する

入力したことばの どれかを含む 全てを含む
「介護110番事典」の利用規約に準じてご利用下さい。
 詳しく検索するには
たくさんのワードを入力し検索する場合には?
複数のワードを入力する場合には、ワードとワードの間にスペース(全角ではなく半角です)を入れてください。
検索方法「どれかを含む」「全てを含む」の違いは?
  • 「どれかを含む」
    入力ワード全てが含まれていることばも、入力ワードそれぞれが含まれることばも合わせて検索されます。
    (幅広く検索したい場合にお使い下さい)
  • 「全てを含む」
    入力ワード全てが含まれることばのみを検索させます。
    (検索結果を限定したい場合にお使い下さい)
    検索結果は“ことば”の50音の順番に表示されます。

内容での疑問や不明な点、誤字などございましたらお手数ですが介護110番宛にメールでお知らせ頂けますようお願いします。