神経伝達物質

脳や脊髄などの中枢神経系にある、情報伝達をつかさどる化学物質の総称です。アセチルコリン、グルタミン酸、ドーパミンアドレナリン、セロトニンなどが代表的です。神経伝達物質から送り出された信号は、それに合う物質「受容体(レセプター)」が受け取り情報伝達される仕組みになっています。神経伝達物質の欠乏はさまざまな脳の障害として現れ、たとえばドーパミンの欠乏はパーキンソン病の原因となります。

注目キーワード(2018年7月17日付)

この内容の不備な点を報告する

入力したことばの どれかを含む 全てを含む
「介護110番事典」の利用規約に準じてご利用下さい。
 詳しく検索するには
たくさんのワードを入力し検索する場合には?
複数のワードを入力する場合には、ワードとワードの間にスペース(全角ではなく半角です)を入れてください。
検索方法「どれかを含む」「全てを含む」の違いは?
  • 「どれかを含む」
    入力ワード全てが含まれていることばも、入力ワードそれぞれが含まれることばも合わせて検索されます。
    (幅広く検索したい場合にお使い下さい)
  • 「全てを含む」
    入力ワード全てが含まれることばのみを検索させます。
    (検索結果を限定したい場合にお使い下さい)
    検索結果は“ことば”の50音の順番に表示されます。

内容での疑問や不明な点、誤字などございましたらお手数ですが介護110番宛にメールでお知らせ頂けますようお願いします。