パーキンソン病

おもに中・高年期に発病する慢性進行性の神経変性疾患で、特定疾患治療研究対象疾患のひとつです。四肢のふるえと筋肉こわばり動作緩慢が特徴的で、身体の片側に始まって徐々に全身におよび、やがて寝たきりになることが多いです。原因は不明ですが、脳内の運動機能をつかさどる細胞の変性委縮によって神経伝達物質ドーパミンが不足し、機能障害が引き起こされます。有病率は人口10万人あたり約60人、50歳以上の人口では約1%の頻度です。

注目キーワード(2018年9月11日付)

この内容の不備な点を報告する

入力したことばの どれかを含む 全てを含む
「介護110番事典」の利用規約に準じてご利用下さい。
 詳しく検索するには
たくさんのワードを入力し検索する場合には?
複数のワードを入力する場合には、ワードとワードの間にスペース(全角ではなく半角です)を入れてください。
検索方法「どれかを含む」「全てを含む」の違いは?
  • 「どれかを含む」
    入力ワード全てが含まれていることばも、入力ワードそれぞれが含まれることばも合わせて検索されます。
    (幅広く検索したい場合にお使い下さい)
  • 「全てを含む」
    入力ワード全てが含まれることばのみを検索させます。
    (検索結果を限定したい場合にお使い下さい)
    検索結果は“ことば”の50音の順番に表示されます。

内容での疑問や不明な点、誤字などございましたらお手数ですが介護110番宛にメールでお知らせ頂けますようお願いします。