暫定ケアプラン

介護保険制度では、利用者の給付申請から認定を経て通知されるまでに1カ月かかります。しかし、早急にサービスの利用が必要な場合、利用者やケアマネジャー要介護度を推定し作成する一時的なケアプランである暫定ケアプランを立て、サービス利用を開始することが可能です。そうすることで、1割の自己負担でサービスを利用することができます。暫定ケアプランを作成しないと全額がいったん自己負担となり、認定後の申請により給付分が支払われます(償還払い)。暫定ケアプランでサービスを受ける場合は、暫定であることを介護家族介護サービス事業者の両方から了承してもらうことが大事です。ただ、介護認定の結果、想定していた要介護度より、実際認定された要介護度が低い場合、限度額の差額分は全額自己負担となります。要介護度を過大に見積もり過ぎない要注意が必要です。

注目キーワード(2019年3月26日付)

この内容の不備な点を報告する

入力したことばの どれかを含む 全てを含む
「介護110番事典」の利用規約に準じてご利用下さい。
 詳しく検索するには
たくさんのワードを入力し検索する場合には?
複数のワードを入力する場合には、ワードとワードの間にスペース(全角ではなく半角です)を入れてください。
検索方法「どれかを含む」「全てを含む」の違いは?
  • 「どれかを含む」
    入力ワード全てが含まれていることばも、入力ワードそれぞれが含まれることばも合わせて検索されます。
    (幅広く検索したい場合にお使い下さい)
  • 「全てを含む」
    入力ワード全てが含まれることばのみを検索させます。
    (検索結果を限定したい場合にお使い下さい)
    検索結果は“ことば”の50音の順番に表示されます。

内容での疑問や不明な点、誤字などございましたらお手数ですが介護110番宛にメールでお知らせ頂けますようお願いします。