意識障害

対象の知覚や認知、周囲への注意、思考や判断、反応などの精神活動が障害された状態をいいます。意識障害の間は自分がどこにいてどんな状態かが認知できず、後になってもその間の記憶がありません。意識障害の種類には、意識の清明度に異常のある「意識混濁(こんだく)」、意識の視野が狭まる「意識狭窄(きょうさく)」、また意識混濁に加えて幻覚錯覚、不安、夢幻状態、興奮などを伴うせん妄妄想状態になる「意識変容」があります。

注目キーワード(2019年3月26日付)

この内容の不備な点を報告する

入力したことばの どれかを含む 全てを含む
「介護110番事典」の利用規約に準じてご利用下さい。
 詳しく検索するには
たくさんのワードを入力し検索する場合には?
複数のワードを入力する場合には、ワードとワードの間にスペース(全角ではなく半角です)を入れてください。
検索方法「どれかを含む」「全てを含む」の違いは?
  • 「どれかを含む」
    入力ワード全てが含まれていることばも、入力ワードそれぞれが含まれることばも合わせて検索されます。
    (幅広く検索したい場合にお使い下さい)
  • 「全てを含む」
    入力ワード全てが含まれることばのみを検索させます。
    (検索結果を限定したい場合にお使い下さい)
    検索結果は“ことば”の50音の順番に表示されます。

内容での疑問や不明な点、誤字などございましたらお手数ですが介護110番宛にメールでお知らせ頂けますようお願いします。