妄想

認知症痴呆)やせん妄などで起こる妄想は、精神分裂病などで起こるものと異なり、患者の状況を詳しく調べれば、体験内容・性格・周囲の状況などから、発症の過程がわかることが多いようです。認知症痴呆)患者の場合、内容は被害妄想であることが多く、お金や財布をとられたという「盗害妄想」、隣の家が塀を直したのは自分に対する嫌がらせだなどと考えてしまう「被害関係妄想」、投薬された薬が毒であると主張する「被毒妄想」、配偶者が隣の部屋で浮気をしているという「嫉妬妄想」などが多く現れます。

注目キーワード(2018年6月18日付)

この内容の不備な点を報告する

入力したことばの どれかを含む 全てを含む
「介護110番事典」の利用規約に準じてご利用下さい。
 詳しく検索するには
たくさんのワードを入力し検索する場合には?
複数のワードを入力する場合には、ワードとワードの間にスペース(全角ではなく半角です)を入れてください。
検索方法「どれかを含む」「全てを含む」の違いは?
  • 「どれかを含む」
    入力ワード全てが含まれていることばも、入力ワードそれぞれが含まれることばも合わせて検索されます。
    (幅広く検索したい場合にお使い下さい)
  • 「全てを含む」
    入力ワード全てが含まれることばのみを検索させます。
    (検索結果を限定したい場合にお使い下さい)
    検索結果は“ことば”の50音の順番に表示されます。

内容での疑問や不明な点、誤字などございましたらお手数ですが介護110番宛にメールでお知らせ頂けますようお願いします。