徐脈

心拍数が毎分60回以下と遅くなること。正常な心臓は通常、1分間に60?80回の速さで拍動して約5リットルの血液を全身に送っていますが、「徐脈」になると十分な血液や酸素を供給できる速さで心房と心室が収縮しなくなり、心房と心室の間の電気経路にも問題が生じます。そのため、徐脈を患っている人は日常の行動でも疲労感や息切れ、めまいを覚えます。しかしながら、徐脈の症状は大変ゆっくり進行するので、ただの疲労や老化現象だと考え、自分では心臓の疾患であることに気づかないこともあるので注意が必要です。

注目キーワード(2019年3月26日付)

この内容の不備な点を報告する

入力したことばの どれかを含む 全てを含む
「介護110番事典」の利用規約に準じてご利用下さい。
 詳しく検索するには
たくさんのワードを入力し検索する場合には?
複数のワードを入力する場合には、ワードとワードの間にスペース(全角ではなく半角です)を入れてください。
検索方法「どれかを含む」「全てを含む」の違いは?
  • 「どれかを含む」
    入力ワード全てが含まれていることばも、入力ワードそれぞれが含まれることばも合わせて検索されます。
    (幅広く検索したい場合にお使い下さい)
  • 「全てを含む」
    入力ワード全てが含まれることばのみを検索させます。
    (検索結果を限定したい場合にお使い下さい)
    検索結果は“ことば”の50音の順番に表示されます。

内容での疑問や不明な点、誤字などございましたらお手数ですが介護110番宛にメールでお知らせ頂けますようお願いします。