胃ろう

口から食事できなくなった患者に対して、手術でお腹に穴を開けて胃までの通路を作り、そこから流動食を流し込むという新しい栄養補給の方法における、この小さな穴のことを「胃ろう」と言います。この方法が使われるのは嚥下反射が失われている人など限られた場合。経口ではないので誤嚥することがなく肺炎を起こす確立が低くなり、介護の手間も省かれますが、その一方で手間を省くために一足飛びに行われる場合もあって問題になっています。

注目キーワード(2018年1月11日付)

この内容の不備な点を報告する

入力したことばの どれかを含む 全てを含む
「介護110番事典」の利用規約に準じてご利用下さい。
 詳しく検索するには
たくさんのワードを入力し検索する場合には?
複数のワードを入力する場合には、ワードとワードの間にスペース(全角ではなく半角です)を入れてください。
検索方法「どれかを含む」「全てを含む」の違いは?
  • 「どれかを含む」
    入力ワード全てが含まれていることばも、入力ワードそれぞれが含まれることばも合わせて検索されます。
    (幅広く検索したい場合にお使い下さい)
  • 「全てを含む」
    入力ワード全てが含まれることばのみを検索させます。
    (検索結果を限定したい場合にお使い下さい)
    検索結果は“ことば”の50音の順番に表示されます。

内容での疑問や不明な点、誤字などございましたらお手数ですが介護110番宛にメールでお知らせ頂けますようお願いします。