老人福祉法

1963年7月、高齢者の心身の健康の保持や生活の安定など、高齢者福祉を図ることを目的として公布された法律です。『老人福祉法』では、老人を65歳以上と規定し、『介護保険法』のサービスを受けられない人を、同法による『老人居宅生活支援事業』と『老人ホームへの入所措置』の対象としています。老人居宅生活支援事業とは(1)老人居宅介護等事業、(2)老人デイサービス事業、(3)老人短期入所事業、(4)小規模多機能型居宅介護事業、(5)認知症対応型老人共同生活援助事業があります。また、デイサービスセンター、短期入所施設養護老人ホーム特別養護老人ホーム、軽費老人ホーム老人福祉センター在宅介護支援センターの7施設を『老人福祉施設』と規定しています。老人ホームへの入所措置では、市区町村が次の措置をとらなければなりません。(1)身体、精神、環境、経済的な理由などで、在宅での介護が困難な人を市区町村の施設に入所させること、(2)身体、精神的に障害があり、常時介護が必要にもかかわらず、在宅での介護が困難な人が介護老人福祉施設に入所できない場合に市区町村の特別養護老人ホームに入所させること、(3)介護する人がいないか、不適当な人が介護している場合に介護受託者に委託すること。

注目キーワード(2017年9月30日付)

この内容の不備な点を報告する

入力したことばの どれかを含む 全てを含む
「介護110番事典」の利用規約に準じてご利用下さい。
 詳しく検索するには
たくさんのワードを入力し検索する場合には?
複数のワードを入力する場合には、ワードとワードの間にスペース(全角ではなく半角です)を入れてください。
検索方法「どれかを含む」「全てを含む」の違いは?
  • 「どれかを含む」
    入力ワード全てが含まれていることばも、入力ワードそれぞれが含まれることばも合わせて検索されます。
    (幅広く検索したい場合にお使い下さい)
  • 「全てを含む」
    入力ワード全てが含まれることばのみを検索させます。
    (検索結果を限定したい場合にお使い下さい)
    検索結果は“ことば”の50音の順番に表示されます。

内容での疑問や不明な点、誤字などございましたらお手数ですが介護110番宛にメールでお知らせ頂けますようお願いします。