生活保護

就業の有無にかかわらず、生活に困っている人が、自立した生活を営めるよう援助する制度です。生活保護は、すべての国民が、憲法第25条や『生活保護法』に基づく権利として請求できます。生活保護世帯に支給される扶助には、(1)生活扶助、(2)教育扶助、(3)住宅扶助、(4)医療扶助、(5)介護扶助、(6)出産扶助、(7)生業扶助、(8)葬祭扶助-の8種類があります。また、税金の免除に関する優遇措置があります。住民税は非課税となり、固定資産税、都市計画税、個人事業税、軽自動車税は、申請により減額となります。生活保護を受けるためには、市区町村の福祉事務所(または民生委員)への相談・申請をしなければなりません。申請の際は、必要書類の提出や聞き取り調査などが必要となります。生活保護が受けられるかどうか(要否判定)は、世帯の収入や資産などの調査結果で決まり、申請手続をした日の翌日から14日以内に判定結果が通知されます。生活保護が受けられない場合は、“却下通知書”が届きます。判定結果に納得できない場合は、決定処分を知った日の翌日から60日以内に都道府県知事に対して、不服申し立て審査請求)を行うことができます。その際、正副2通の不服申立書を作り、総務局法務部審査法務室か、市区町村の福祉事務所に提出します。

注目キーワード(2018年7月31日付)

この内容の不備な点を報告する

入力したことばの どれかを含む 全てを含む
「介護110番事典」の利用規約に準じてご利用下さい。
 詳しく検索するには
たくさんのワードを入力し検索する場合には?
複数のワードを入力する場合には、ワードとワードの間にスペース(全角ではなく半角です)を入れてください。
検索方法「どれかを含む」「全てを含む」の違いは?
  • 「どれかを含む」
    入力ワード全てが含まれていることばも、入力ワードそれぞれが含まれることばも合わせて検索されます。
    (幅広く検索したい場合にお使い下さい)
  • 「全てを含む」
    入力ワード全てが含まれることばのみを検索させます。
    (検索結果を限定したい場合にお使い下さい)
    検索結果は“ことば”の50音の順番に表示されます。

内容での疑問や不明な点、誤字などございましたらお手数ですが介護110番宛にメールでお知らせ頂けますようお願いします。