狭心症

冠動脈の硬化やれん縮を主な原因として起こる胸痛症状の総称です。冠動脈が動脈硬化血栓によって狭くなると、動作や運動をしただけで冠動脈を流れる血流が不足し、酸素や栄養素が不足して狭心症を起こします。また、冠動脈のれん縮による狭心症は安静時に起こりやすく、冠動脈の完全な閉塞を起こすことが多いのが特徴です。症状は、発作的に胸が締め付けられる、胸が強く押さえつけられる、胸のなかが焼け付く、胸の奥がじーんと痛むなど。いずれもはっきりした痛みとして感じるより不快感の程度であることが多く、突然起こってまた比較的急速におさまるのが普通です。誘因別には、身体的労作や精神的興奮で誘発される「労作狭心症」、特別な誘因なしに起こる「安静狭心症」とに分けられ、状態の安定度では、ほぼ一定して発作がある「安定狭心症」と、最近急に起こる、毎日起こるなどの「不安定狭心症」とに分けられ、「不安定狭心症」は、安定しているものに比べ心筋梗塞を起こす危険の大きいことが知られています。

注目キーワード(2018年1月11日付)

この内容の不備な点を報告する

入力したことばの どれかを含む 全てを含む
「介護110番事典」の利用規約に準じてご利用下さい。
 詳しく検索するには
たくさんのワードを入力し検索する場合には?
複数のワードを入力する場合には、ワードとワードの間にスペース(全角ではなく半角です)を入れてください。
検索方法「どれかを含む」「全てを含む」の違いは?
  • 「どれかを含む」
    入力ワード全てが含まれていることばも、入力ワードそれぞれが含まれることばも合わせて検索されます。
    (幅広く検索したい場合にお使い下さい)
  • 「全てを含む」
    入力ワード全てが含まれることばのみを検索させます。
    (検索結果を限定したい場合にお使い下さい)
    検索結果は“ことば”の50音の順番に表示されます。

内容での疑問や不明な点、誤字などございましたらお手数ですが介護110番宛にメールでお知らせ頂けますようお願いします。