更年期

女性としての生殖能力が消失し、生殖不能に向かう時期を指しています。その期間には個人差がありますが、閉経を間にしてその前後の数年間が更年期と考えられ、年齢では40歳?56歳頃までに該当します。この時期には主に自律神経失調症を原因とするさまざまな症状が見られ、これを「更年期障害」と呼びます。更年期障害は、卵巣の働きが衰えて女性ホルモンが減少するために起こるものと、環境や社会的要因が原因となって起こるストレス的な症状などがあり、これらが複雑に絡みあった形で現れます。頭痛めまい不眠耳鳴り、しびれ、疲労感、腹痛腰痛、肩こり、関節痛、発汗、食欲不振、吐き気、性器出血など、症状も多種多様です。

注目キーワード(2019年3月26日付)

この内容の不備な点を報告する

入力したことばの どれかを含む 全てを含む
「介護110番事典」の利用規約に準じてご利用下さい。
 詳しく検索するには
たくさんのワードを入力し検索する場合には?
複数のワードを入力する場合には、ワードとワードの間にスペース(全角ではなく半角です)を入れてください。
検索方法「どれかを含む」「全てを含む」の違いは?
  • 「どれかを含む」
    入力ワード全てが含まれていることばも、入力ワードそれぞれが含まれることばも合わせて検索されます。
    (幅広く検索したい場合にお使い下さい)
  • 「全てを含む」
    入力ワード全てが含まれることばのみを検索させます。
    (検索結果を限定したい場合にお使い下さい)
    検索結果は“ことば”の50音の順番に表示されます。

内容での疑問や不明な点、誤字などございましたらお手数ですが介護110番宛にメールでお知らせ頂けますようお願いします。