吐血

消化器系の病気により血を吐くことをいいます。食道や胃、十二指といった上部消化管から出血した血が口から出てくるものですが、血だけを吐く場合と、食物のかすなどが混じった状態で吐く場合とがあります。また出血が下に下がって内で変化し、タール状になって肛門から出るものは、「下血」といいます。吐血を起こす頻度が高い病気は胃潰瘍十二指腸潰瘍。そのほか食道静脈瘤やマロリー・ワイス症候群、ストレス、やけど、急性胃粘膜病変なども考えられます。

注目キーワード(2018年7月31日付)

この内容の不備な点を報告する

入力したことばの どれかを含む 全てを含む
「介護110番事典」の利用規約に準じてご利用下さい。
 詳しく検索するには
たくさんのワードを入力し検索する場合には?
複数のワードを入力する場合には、ワードとワードの間にスペース(全角ではなく半角です)を入れてください。
検索方法「どれかを含む」「全てを含む」の違いは?
  • 「どれかを含む」
    入力ワード全てが含まれていることばも、入力ワードそれぞれが含まれることばも合わせて検索されます。
    (幅広く検索したい場合にお使い下さい)
  • 「全てを含む」
    入力ワード全てが含まれることばのみを検索させます。
    (検索結果を限定したい場合にお使い下さい)
    検索結果は“ことば”の50音の順番に表示されます。

内容での疑問や不明な点、誤字などございましたらお手数ですが介護110番宛にメールでお知らせ頂けますようお願いします。