胃潰瘍

胃の粘膜に、自ら分泌した胃液消化作用によって潰瘍ができてしまうものです。十二指腸潰瘍とあわせて胃液消化作用が発生にかかわっていることから、「消化性潰瘍」といいます。発生の原因は、粘膜を攻撃する攻撃因子(塩酸、ペプシン、壁細胞数など)の増加と、防御因子(粘液、重炭酸塩分泌、粘膜血流、内因性プロスタグランジンなど)の低下というバランスの破綻が生じるためと考えられています。通常は粘膜の表面を粘液がバリアーしていますが、バランスが崩れると粘膜の防御機構が破綻し、潰瘍が発生するのです。また最近は、胃の中に「ヘリコバクター・ピロリ」という菌がいることが明らかになり、これが潰瘍の発生や再発に関係しているといわれています。代表的な症状は、空腹時にみぞおち部で痛みが起こり、時に背中まで痛みがいくことがあります。ストレスや過労、暴飲暴食に注意するなど、生活面での注意が必要です。

注目キーワード(2018年10月2日付)

この内容の不備な点を報告する

入力したことばの どれかを含む 全てを含む
「介護110番事典」の利用規約に準じてご利用下さい。
 詳しく検索するには
たくさんのワードを入力し検索する場合には?
複数のワードを入力する場合には、ワードとワードの間にスペース(全角ではなく半角です)を入れてください。
検索方法「どれかを含む」「全てを含む」の違いは?
  • 「どれかを含む」
    入力ワード全てが含まれていることばも、入力ワードそれぞれが含まれることばも合わせて検索されます。
    (幅広く検索したい場合にお使い下さい)
  • 「全てを含む」
    入力ワード全てが含まれることばのみを検索させます。
    (検索結果を限定したい場合にお使い下さい)
    検索結果は“ことば”の50音の順番に表示されます。

内容での疑問や不明な点、誤字などございましたらお手数ですが介護110番宛にメールでお知らせ頂けますようお願いします。