副交感神経

迷走神経系ともいわれ、交感神経とともに自立神経系を構成します。交感神経とは拮抗する作用を持ち、身体の消耗を抑えて回復を図り、エネルギーを蓄積する働きをします。安静にしている時には交感神経より副交感神経が優勢になり、アセチルコリンの分泌を介して心拍数の減少や末梢血管の拡張、唾液消化液の分泌などが促されます。

注目キーワード(2018年11月13日付)

この内容の不備な点を報告する

入力したことばの どれかを含む 全てを含む
「介護110番事典」の利用規約に準じてご利用下さい。
 詳しく検索するには
たくさんのワードを入力し検索する場合には?
複数のワードを入力する場合には、ワードとワードの間にスペース(全角ではなく半角です)を入れてください。
検索方法「どれかを含む」「全てを含む」の違いは?
  • 「どれかを含む」
    入力ワード全てが含まれていることばも、入力ワードそれぞれが含まれることばも合わせて検索されます。
    (幅広く検索したい場合にお使い下さい)
  • 「全てを含む」
    入力ワード全てが含まれることばのみを検索させます。
    (検索結果を限定したい場合にお使い下さい)
    検索結果は“ことば”の50音の順番に表示されます。

内容での疑問や不明な点、誤字などございましたらお手数ですが介護110番宛にメールでお知らせ頂けますようお願いします。