モジュール

家を建てるうえでの基準となる寸法をいいます。日本では、日本人の身体の寸法に合わせて考えられた尺貫法(3尺=910mmを基本寸法とする)が受け継がれてきました。尺貫法には、柱から柱の長さを3尺とする関東モジュールと、柱と柱の内側の長さを3尺とする関西モジュールがあります。基準となる寸法を決定することにより設計・工事の効率が上がり、建材などのコストの削減にもつながります。尺貫法や敷地面積の問題により日本の建築物は、各部屋、浴室、トイレ、廊下、玄関などのスペースが狭いために、介助を行うことや車いすでの移動(適正有効幅は90cm)は困難を伴います。

注目キーワード(2019年3月26日付)

この内容の不備な点を報告する

入力したことばの どれかを含む 全てを含む
「介護110番事典」の利用規約に準じてご利用下さい。
 詳しく検索するには
たくさんのワードを入力し検索する場合には?
複数のワードを入力する場合には、ワードとワードの間にスペース(全角ではなく半角です)を入れてください。
検索方法「どれかを含む」「全てを含む」の違いは?
  • 「どれかを含む」
    入力ワード全てが含まれていることばも、入力ワードそれぞれが含まれることばも合わせて検索されます。
    (幅広く検索したい場合にお使い下さい)
  • 「全てを含む」
    入力ワード全てが含まれることばのみを検索させます。
    (検索結果を限定したい場合にお使い下さい)
    検索結果は“ことば”の50音の順番に表示されます。

内容での疑問や不明な点、誤字などございましたらお手数ですが介護110番宛にメールでお知らせ頂けますようお願いします。