ミーンズ・テスト

ミーンズ・テスト資力調査 生活保護を申請した者に対して行われる調査をいいます。国による最低限度の生活水準を定め、それに資力が不足する分だけを補足するという生活保護の基本的考え方において、ミーンズ・テストは申請者の収入や資産、扶養義務者の状況などを詳しく調査するという位置づけにあります。しかし、これが申請者にスティグマ(貧困の烙印)を与えがちで、抑制的な効果を発揮してしまうことに問題点があるといわれています。また日本のミーンズ・テストの要件は西欧諸国に比べて厳しく、扶養義務者の範囲が広いことなどが、生活保護率の極端な低下に繋がっているとする指摘もあります。

注目キーワード(2019年3月26日付)

この内容の不備な点を報告する

入力したことばの どれかを含む 全てを含む
「介護110番事典」の利用規約に準じてご利用下さい。
 詳しく検索するには
たくさんのワードを入力し検索する場合には?
複数のワードを入力する場合には、ワードとワードの間にスペース(全角ではなく半角です)を入れてください。
検索方法「どれかを含む」「全てを含む」の違いは?
  • 「どれかを含む」
    入力ワード全てが含まれていることばも、入力ワードそれぞれが含まれることばも合わせて検索されます。
    (幅広く検索したい場合にお使い下さい)
  • 「全てを含む」
    入力ワード全てが含まれることばのみを検索させます。
    (検索結果を限定したい場合にお使い下さい)
    検索結果は“ことば”の50音の順番に表示されます。

内容での疑問や不明な点、誤字などございましたらお手数ですが介護110番宛にメールでお知らせ頂けますようお願いします。