コルサコフ症候群

アルコール依存症による主としてビタミンB1の欠乏や頭部外傷ヘルペス脳炎など脳の病気の後遺症として見られる特殊な記憶障害の型のひとつ。老年期認知症痴呆)によっても、この型が強く現れることがあります。症状として2、3分前に話したことを忘れる強い記銘力の低下、自己の状況の認識ができない見当識障害、ある期間の記憶が抜け落ちる健忘、これらの記憶の欠損を補うために思いつきをいう作話などがあります。原因によっては一過性で治ることもありますが、長く固定的な持続を見せることもあります。S.S.コルサコフによって記載された症候群で、1つの疾患名ではありません。「コルサコフ精神病」というときは、コルサコフ症候群に見られる症状を呈する、アルコール精神病のひとつの型を指しています。

注目キーワード(2019年3月26日付)

この内容の不備な点を報告する

入力したことばの どれかを含む 全てを含む
「介護110番事典」の利用規約に準じてご利用下さい。
 詳しく検索するには
たくさんのワードを入力し検索する場合には?
複数のワードを入力する場合には、ワードとワードの間にスペース(全角ではなく半角です)を入れてください。
検索方法「どれかを含む」「全てを含む」の違いは?
  • 「どれかを含む」
    入力ワード全てが含まれていることばも、入力ワードそれぞれが含まれることばも合わせて検索されます。
    (幅広く検索したい場合にお使い下さい)
  • 「全てを含む」
    入力ワード全てが含まれることばのみを検索させます。
    (検索結果を限定したい場合にお使い下さい)
    検索結果は“ことば”の50音の順番に表示されます。

内容での疑問や不明な点、誤字などございましたらお手数ですが介護110番宛にメールでお知らせ頂けますようお願いします。