食事介助

片麻痺痴呆などのために自分でうまく食事ができない人に介助することをいいます。「食事介助」をする際のポイントは、横に座って同じ目線になって介助すること。介助者も同じものを食べながら行うと、次に何を食べたいかもわかり、食べるペースもあわせられます。また箸やスプーンは口の上側からではなく下側から持っていくようにすることも大切です。片麻痺のある場合は口の中に食べ物がたまりやすいので、一度に口へ入れる量を少なくしたり、麻痺のない側の口の端から入れるなどの工夫も必要です。

注目キーワード(2019年3月26日付)

この内容の不備な点を報告する

入力したことばの どれかを含む 全てを含む
「介護110番事典」の利用規約に準じてご利用下さい。
 詳しく検索するには
たくさんのワードを入力し検索する場合には?
複数のワードを入力する場合には、ワードとワードの間にスペース(全角ではなく半角です)を入れてください。
検索方法「どれかを含む」「全てを含む」の違いは?
  • 「どれかを含む」
    入力ワード全てが含まれていることばも、入力ワードそれぞれが含まれることばも合わせて検索されます。
    (幅広く検索したい場合にお使い下さい)
  • 「全てを含む」
    入力ワード全てが含まれることばのみを検索させます。
    (検索結果を限定したい場合にお使い下さい)
    検索結果は“ことば”の50音の順番に表示されます。

内容での疑問や不明な点、誤字などございましたらお手数ですが介護110番宛にメールでお知らせ頂けますようお願いします。