障害者自立支援法

障害者及び障害児がその有する能力及び適性に応じ、自立した日常生活又は社会生活を営むことができるようにと定められた法律で、2005年に成立、2006年4月に一部施行、10月に全面施行されました。従来の支援費制度に代わり、障害者に費用の原則1割負担を求め、障害者福祉サービスを一元化し、保護から自立に向けた支援をするといった内容で、以下5点がその特徴といわれるものです。@障害者(身体障害知的障害精神障害)の福祉サービスを「一元化」、A障害者がもっと「働ける社会」に、B地域の限られた社会資源を活用できるよう「規制緩和」、C公平なサービス利用のための「手続きや基準の透明化、明確化」、D増大する福祉サービス等の費用を皆で負担し支え合う仕組みの強化。

注目キーワード(2019年3月26日付)

この内容の不備な点を報告する

入力したことばの どれかを含む 全てを含む
「介護110番事典」の利用規約に準じてご利用下さい。
 詳しく検索するには
たくさんのワードを入力し検索する場合には?
複数のワードを入力する場合には、ワードとワードの間にスペース(全角ではなく半角です)を入れてください。
検索方法「どれかを含む」「全てを含む」の違いは?
  • 「どれかを含む」
    入力ワード全てが含まれていることばも、入力ワードそれぞれが含まれることばも合わせて検索されます。
    (幅広く検索したい場合にお使い下さい)
  • 「全てを含む」
    入力ワード全てが含まれることばのみを検索させます。
    (検索結果を限定したい場合にお使い下さい)
    検索結果は“ことば”の50音の順番に表示されます。

内容での疑問や不明な点、誤字などございましたらお手数ですが介護110番宛にメールでお知らせ頂けますようお願いします。