転移

がん細胞が発生した元の場所(原発巣)から離れて、ほかの部位にとりつき、そこで新しい増殖巣をつくることをいいます。がん転移方式は、血管を経由する方法とリンパ管を経由する方法が主です。また、手術の際に原発巣から離れた他の部位に運ばれて転移する場合もあります。転移の速さはまちまちですが、転移するガン細胞は悪性度合が非常に高いです。このため、転移がんの最も恐るべき性質であり、がんを治療するうえで重要な課題となっています。

注目キーワード(2018年10月2日付)

この内容の不備な点を報告する

入力したことばの どれかを含む 全てを含む
「介護110番事典」の利用規約に準じてご利用下さい。
 詳しく検索するには
たくさんのワードを入力し検索する場合には?
複数のワードを入力する場合には、ワードとワードの間にスペース(全角ではなく半角です)を入れてください。
検索方法「どれかを含む」「全てを含む」の違いは?
  • 「どれかを含む」
    入力ワード全てが含まれていることばも、入力ワードそれぞれが含まれることばも合わせて検索されます。
    (幅広く検索したい場合にお使い下さい)
  • 「全てを含む」
    入力ワード全てが含まれることばのみを検索させます。
    (検索結果を限定したい場合にお使い下さい)
    検索結果は“ことば”の50音の順番に表示されます。

内容での疑問や不明な点、誤字などございましたらお手数ですが介護110番宛にメールでお知らせ頂けますようお願いします。