認定調査員

認定調査員訪問調査員介護認定調査員 介護保険保険者が行った要介護認定の申請に応じて、市町村から派遣される面接調査員のことを指します。原則として市町村の職員が務めます。ただし例外として、新規の認定調査については「指定市町村事務受託法人」、更新・区分変更の認定調査については指定居宅介護支援事業者地域密着型介護老人福祉施設介護保険施設などの介護支援専門員が、市町村から委託を受けて行うことができます。全国共通で使用する認定調査票に基づいて、心身の状態や環境など要介護状態の区分を判定するのに必要な79項目について調査がなされます。要支援の判定には、10前後の追加質問と主治医の意見書も加味されます。 (参考)認定調査訪問調査

注目キーワード(2019年3月26日付)

この内容の不備な点を報告する

入力したことばの どれかを含む 全てを含む
「介護110番事典」の利用規約に準じてご利用下さい。
 詳しく検索するには
たくさんのワードを入力し検索する場合には?
複数のワードを入力する場合には、ワードとワードの間にスペース(全角ではなく半角です)を入れてください。
検索方法「どれかを含む」「全てを含む」の違いは?
  • 「どれかを含む」
    入力ワード全てが含まれていることばも、入力ワードそれぞれが含まれることばも合わせて検索されます。
    (幅広く検索したい場合にお使い下さい)
  • 「全てを含む」
    入力ワード全てが含まれることばのみを検索させます。
    (検索結果を限定したい場合にお使い下さい)
    検索結果は“ことば”の50音の順番に表示されます。

内容での疑問や不明な点、誤字などございましたらお手数ですが介護110番宛にメールでお知らせ頂けますようお願いします。