行動療法

人間の問題行動は誤った学習から生じたものとみなし、その学習を消去して正しい行動へ導くという考え方に基づいた療法の総称です。 個人の内面よりも具体的行動やそれを引き起こす条件を重視します。代表的には、弱い不安から段階的にクリアする系統的脱感作法、あえて不安に直面させることで不安な出来事は起こらないことを学習させるフラッディング法問題行動のたびに嫌悪刺激を与えて抑制する嫌悪療法、望ましい行動を強化するオペラント条件づけ、対人関係において適切な行動ができるよう訓練を行う社会的スキル訓練法などがあります。 (参考)系統的脱感作法フラッディング法嫌悪療法オペラント条件づけ社会的スキル訓練法

注目キーワード(2018年10月2日付)

この内容の不備な点を報告する

入力したことばの どれかを含む 全てを含む
「介護110番事典」の利用規約に準じてご利用下さい。
 詳しく検索するには
たくさんのワードを入力し検索する場合には?
複数のワードを入力する場合には、ワードとワードの間にスペース(全角ではなく半角です)を入れてください。
検索方法「どれかを含む」「全てを含む」の違いは?
  • 「どれかを含む」
    入力ワード全てが含まれていることばも、入力ワードそれぞれが含まれることばも合わせて検索されます。
    (幅広く検索したい場合にお使い下さい)
  • 「全てを含む」
    入力ワード全てが含まれることばのみを検索させます。
    (検索結果を限定したい場合にお使い下さい)
    検索結果は“ことば”の50音の順番に表示されます。

内容での疑問や不明な点、誤字などございましたらお手数ですが介護110番宛にメールでお知らせ頂けますようお願いします。