自己決定

個別援助の原則のひとつで、援助サービスの利用者が自らの意志で自らの方向性を選択することを指しています。この原則は利用者自身の人格を尊重し、自らの問題は自らが判断して決定する自由があるという理念に基づきます。しかし、そこには自己決定能力の有無や「公共の福祉」に反しない限り、といった制限があるのが一般的で、自己決定によって利用者を積極的に援助の過程に参加させるといった意味合いで「参加の原則」ともいわれています。

注目キーワード(2018年4月24日付)

この内容の不備な点を報告する

入力したことばの どれかを含む 全てを含む
「介護110番事典」の利用規約に準じてご利用下さい。
 詳しく検索するには
たくさんのワードを入力し検索する場合には?
複数のワードを入力する場合には、ワードとワードの間にスペース(全角ではなく半角です)を入れてください。
検索方法「どれかを含む」「全てを含む」の違いは?
  • 「どれかを含む」
    入力ワード全てが含まれていることばも、入力ワードそれぞれが含まれることばも合わせて検索されます。
    (幅広く検索したい場合にお使い下さい)
  • 「全てを含む」
    入力ワード全てが含まれることばのみを検索させます。
    (検索結果を限定したい場合にお使い下さい)
    検索結果は“ことば”の50音の順番に表示されます。

内容での疑問や不明な点、誤字などございましたらお手数ですが介護110番宛にメールでお知らせ頂けますようお願いします。