第1号被保険者

介護保険で、市町村に住所を有する65歳以上の人をいいます。通常、住民基本台帳に記載されたところが住所とみなされ、その届けが行われると、介護保険法上の届けも同時に行われることになります。第1号被保険者の保険料は、市町村が介護事業の支出額と収入額を算出し、その差額を第1号保険料により賄うことになります。保険料率は、政令で定める算定基準に従い、市町村が3年に1度設定することとなっています。したがって、保険料の水準は、介護サービスの給付の水準の差異を反映して、市町村ごとに異なるものとなります。被保険者のそれぞれの所得を保険料率の基準に当てはめ、保険料を算定します。

注目キーワード(2018年10月2日付)

この内容の不備な点を報告する

入力したことばの どれかを含む 全てを含む
「介護110番事典」の利用規約に準じてご利用下さい。
 詳しく検索するには
たくさんのワードを入力し検索する場合には?
複数のワードを入力する場合には、ワードとワードの間にスペース(全角ではなく半角です)を入れてください。
検索方法「どれかを含む」「全てを含む」の違いは?
  • 「どれかを含む」
    入力ワード全てが含まれていることばも、入力ワードそれぞれが含まれることばも合わせて検索されます。
    (幅広く検索したい場合にお使い下さい)
  • 「全てを含む」
    入力ワード全てが含まれることばのみを検索させます。
    (検索結果を限定したい場合にお使い下さい)
    検索結果は“ことば”の50音の順番に表示されます。

内容での疑問や不明な点、誤字などございましたらお手数ですが介護110番宛にメールでお知らせ頂けますようお願いします。