核家族

夫婦とその未婚の子どもから成る家族の形態をいいます。片親と未婚の子ども、または夫婦のみといった家族もこれに含まれます。「核家族」はアメリカの文化人類学者G.P.マードックがその著書「社会構造論」(1949年)で初めて用いた言葉で、人類社会に普遍的に存在する家族の基礎単位としてとらえられました。わが国では昭和30年代から急激に「核家族化」が進み、1998年の旧厚生省の調査では核家族世帯数が全世帯数のおよそ58.6%を占めていました。中でも60歳以上の夫婦のみの世帯が増加の傾向にあります。

注目キーワード(2019年3月26日付)

この内容の不備な点を報告する

入力したことばの どれかを含む 全てを含む
「介護110番事典」の利用規約に準じてご利用下さい。
 詳しく検索するには
たくさんのワードを入力し検索する場合には?
複数のワードを入力する場合には、ワードとワードの間にスペース(全角ではなく半角です)を入れてください。
検索方法「どれかを含む」「全てを含む」の違いは?
  • 「どれかを含む」
    入力ワード全てが含まれていることばも、入力ワードそれぞれが含まれることばも合わせて検索されます。
    (幅広く検索したい場合にお使い下さい)
  • 「全てを含む」
    入力ワード全てが含まれることばのみを検索させます。
    (検索結果を限定したい場合にお使い下さい)
    検索結果は“ことば”の50音の順番に表示されます。

内容での疑問や不明な点、誤字などございましたらお手数ですが介護110番宛にメールでお知らせ頂けますようお願いします。