普通徴収

介護保険の第1号被保険者の保険料徴収には、「特別徴収」と「普通徴収」のふたつがあります。普通徴収は、一定額以下の老齢退職年金の受給者や、遺族年金受給者に対して行われるもので、市町村は直接納入通知書を送付し、徴収を求めることになります。また、普通徴収の場合、第1号被保険者の配偶者および世帯主に対して、保険料の連帯納付の義務が課されています。 (参考)特別徴収

注目キーワード(2019年3月26日付)

この内容の不備な点を報告する

入力したことばの どれかを含む 全てを含む
「介護110番事典」の利用規約に準じてご利用下さい。
 詳しく検索するには
たくさんのワードを入力し検索する場合には?
複数のワードを入力する場合には、ワードとワードの間にスペース(全角ではなく半角です)を入れてください。
検索方法「どれかを含む」「全てを含む」の違いは?
  • 「どれかを含む」
    入力ワード全てが含まれていることばも、入力ワードそれぞれが含まれることばも合わせて検索されます。
    (幅広く検索したい場合にお使い下さい)
  • 「全てを含む」
    入力ワード全てが含まれることばのみを検索させます。
    (検索結果を限定したい場合にお使い下さい)
    検索結果は“ことば”の50音の順番に表示されます。

内容での疑問や不明な点、誤字などございましたらお手数ですが介護110番宛にメールでお知らせ頂けますようお願いします。