措置入院

自傷他害の恐れのある精神障害者を、都道府県知事が医療および保護のために入院させることをいいます。精神保健福祉法に基づく入院形態のひとつで、2名以上の精神保健指定医の診察によって自傷他害行為の恐れがあるとされた場合には、その者を国立・都道府県立の精神病院または指定病院に入院させることが可能です。また急を要し2名以上の精神保健指定医の診察手続きがとれない場合には、1名の診察結果によって72時間を限度に措置入院と同様の入院をさせることができ、これを「緊急措置入院」といいます。都道府県知事はこれらの入院措置をとろうとする精神障害者移送することとされています。

注目キーワード(2019年3月26日付)

この内容の不備な点を報告する

入力したことばの どれかを含む 全てを含む
「介護110番事典」の利用規約に準じてご利用下さい。
 詳しく検索するには
たくさんのワードを入力し検索する場合には?
複数のワードを入力する場合には、ワードとワードの間にスペース(全角ではなく半角です)を入れてください。
検索方法「どれかを含む」「全てを含む」の違いは?
  • 「どれかを含む」
    入力ワード全てが含まれていることばも、入力ワードそれぞれが含まれることばも合わせて検索されます。
    (幅広く検索したい場合にお使い下さい)
  • 「全てを含む」
    入力ワード全てが含まれることばのみを検索させます。
    (検索結果を限定したい場合にお使い下さい)
    検索結果は“ことば”の50音の順番に表示されます。

内容での疑問や不明な点、誤字などございましたらお手数ですが介護110番宛にメールでお知らせ頂けますようお願いします。