弱視

視覚系の発達不良によって、眼鏡やコンタクトレンズを用いても正常な視力が得られない症状をいいます。物は眼球からの信号が脳の中枢まで達して見えるもので、この全体を視覚系と呼んでいます。物が鮮明に見える能力は生後2カ月?2年の間に発達し、6歳でほぼ成人並み、9歳でほとんど完成します。生後3歳くらいまでに遠視や乱視があって物が鮮明に見えないと、弱視になります。一方の眼が正視で他眼が遠視や近視乱視の場合には「不同視弱視」といいます。

注目キーワード(2018年9月11日付)

この内容の不備な点を報告する

入力したことばの どれかを含む 全てを含む
「介護110番事典」の利用規約に準じてご利用下さい。
 詳しく検索するには
たくさんのワードを入力し検索する場合には?
複数のワードを入力する場合には、ワードとワードの間にスペース(全角ではなく半角です)を入れてください。
検索方法「どれかを含む」「全てを含む」の違いは?
  • 「どれかを含む」
    入力ワード全てが含まれていることばも、入力ワードそれぞれが含まれることばも合わせて検索されます。
    (幅広く検索したい場合にお使い下さい)
  • 「全てを含む」
    入力ワード全てが含まれることばのみを検索させます。
    (検索結果を限定したい場合にお使い下さい)
    検索結果は“ことば”の50音の順番に表示されます。

内容での疑問や不明な点、誤字などございましたらお手数ですが介護110番宛にメールでお知らせ頂けますようお願いします。