延命措置

末期医療で死が避けられない場合でも、生命の維持を目的とした延命のための治療を施すことをいいます。現在、医療機関では患者本人からの意思表示がない場合には、医師延命措置をすることが義務づけられています。どのような死を迎えたいのかを考え、患者本人の精神状態が健全であるときに医学的延命措置を拒否すると署名捺印したものが保管されている場合、延命拒否の意思を宣言することもできます。日本安楽死協会からも尊厳死を訴える法案が提唱されています。

注目キーワード(2019年3月26日付)

この内容の不備な点を報告する

入力したことばの どれかを含む 全てを含む
「介護110番事典」の利用規約に準じてご利用下さい。
 詳しく検索するには
たくさんのワードを入力し検索する場合には?
複数のワードを入力する場合には、ワードとワードの間にスペース(全角ではなく半角です)を入れてください。
検索方法「どれかを含む」「全てを含む」の違いは?
  • 「どれかを含む」
    入力ワード全てが含まれていることばも、入力ワードそれぞれが含まれることばも合わせて検索されます。
    (幅広く検索したい場合にお使い下さい)
  • 「全てを含む」
    入力ワード全てが含まれることばのみを検索させます。
    (検索結果を限定したい場合にお使い下さい)
    検索結果は“ことば”の50音の順番に表示されます。

内容での疑問や不明な点、誤字などございましたらお手数ですが介護110番宛にメールでお知らせ頂けますようお願いします。