入れ歯

がまったくないときに使う総入れ歯と、残っているの一部に留め金をかける部分入れ歯とがあり、いずれも使う材料や留め金の種類でさまざまな種類があります。しかし、正しい位置に装着されないことで食べ物が噛みにくかったり肩こりや頭痛を引き起こし、骨格の歪みから結果的に足や腰まで悪影響を及ぼすこともあるので、きちんと計測し、体に合った入れ歯を使うことが大切です。また、夜間と就寝時は入れ歯を外すのが基本。寝る前に外すことで入れ歯の清掃が習慣になり、入れ歯と接する粘膜を休めることもできます。

注目キーワード(2019年3月26日付)

この内容の不備な点を報告する

入力したことばの どれかを含む 全てを含む
「介護110番事典」の利用規約に準じてご利用下さい。
 詳しく検索するには
たくさんのワードを入力し検索する場合には?
複数のワードを入力する場合には、ワードとワードの間にスペース(全角ではなく半角です)を入れてください。
検索方法「どれかを含む」「全てを含む」の違いは?
  • 「どれかを含む」
    入力ワード全てが含まれていることばも、入力ワードそれぞれが含まれることばも合わせて検索されます。
    (幅広く検索したい場合にお使い下さい)
  • 「全てを含む」
    入力ワード全てが含まれることばのみを検索させます。
    (検索結果を限定したい場合にお使い下さい)
    検索結果は“ことば”の50音の順番に表示されます。

内容での疑問や不明な点、誤字などございましたらお手数ですが介護110番宛にメールでお知らせ頂けますようお願いします。