介護福祉士

1988年に成立した「社会福祉士及び介護福祉士法」では、介護福祉士とは「専門的知識及び技術をもって、身体や精神上の障害があるために日常生活を営むのに支障がある人に対して入浴、排泄、食事その他の介護を行い、また介護に関する指導を行う人」となっています。 資格がなくても介護の仕事をしてかまいませんが、この「介護福祉士」という名称を名乗ってはいけません。厚生労働大臣が実施する国家試験に合格すると、この資格を得ることができます。またこの資格を取得するためには、ホームヘルパー家政婦などの介護業務に3年以上従事するか、厚生労働省が指定している介護福祉士などの養成施設などで規定の課目を履修しなければ、受験資格を得ることができません。

注目キーワード(2017年12月11日付)

この内容の不備な点を報告する

入力したことばの どれかを含む 全てを含む
「介護110番事典」の利用規約に準じてご利用下さい。
 詳しく検索するには
たくさんのワードを入力し検索する場合には?
複数のワードを入力する場合には、ワードとワードの間にスペース(全角ではなく半角です)を入れてください。
検索方法「どれかを含む」「全てを含む」の違いは?
  • 「どれかを含む」
    入力ワード全てが含まれていることばも、入力ワードそれぞれが含まれることばも合わせて検索されます。
    (幅広く検索したい場合にお使い下さい)
  • 「全てを含む」
    入力ワード全てが含まれることばのみを検索させます。
    (検索結果を限定したい場合にお使い下さい)
    検索結果は“ことば”の50音の順番に表示されます。

内容での疑問や不明な点、誤字などございましたらお手数ですが介護110番宛にメールでお知らせ頂けますようお願いします。