ユニットケア

ユニットケア新型特養 ユニットケアとはスウェーデンで生まれた介護のあり方で、特別養護老人ホームなど大規模な施設を、設備や人材の許す限りなるべく少人数のグループ「ユニット」に区切る介護のスタイルです。いくつかの居室や共有スペースをひとつの生活単位として整備し、家庭的な環境の中で入所者とスタッフが少人数ごとに生活をともにしながら、流れ作業的な一斉ケアではなく個別のケアにより近づくことを目的としています。10人程度で行われていることが多く、「新型特養」と呼ばれる小規模生活単位型の特別養護老人ホームでは、このユニットケアが行われます。

注目キーワード(2019年3月26日付)

この内容の不備な点を報告する

入力したことばの どれかを含む 全てを含む
「介護110番事典」の利用規約に準じてご利用下さい。
 詳しく検索するには
たくさんのワードを入力し検索する場合には?
複数のワードを入力する場合には、ワードとワードの間にスペース(全角ではなく半角です)を入れてください。
検索方法「どれかを含む」「全てを含む」の違いは?
  • 「どれかを含む」
    入力ワード全てが含まれていることばも、入力ワードそれぞれが含まれることばも合わせて検索されます。
    (幅広く検索したい場合にお使い下さい)
  • 「全てを含む」
    入力ワード全てが含まれることばのみを検索させます。
    (検索結果を限定したい場合にお使い下さい)
    検索結果は“ことば”の50音の順番に表示されます。

内容での疑問や不明な点、誤字などございましたらお手数ですが介護110番宛にメールでお知らせ頂けますようお願いします。