カウザルキー

カウザルキー灼熱痛 外傷により神経が損傷した後、灼けつくような痛みとともに自律神経症状をきたすことをいいます。持続性の痛みに加え、損傷部の皮ふは滑らかで光沢のある赤みを帯びます。治療は、痛み軽減のために交感神経説の局部麻酔、もしくは外科的切除などです。交感神経説ブロックを行い痛みの伝達を半永久的に遮断する方法もあります。

注目キーワード(2019年3月5日付)

この内容の不備な点を報告する

入力したことばの どれかを含む 全てを含む
「介護110番事典」の利用規約に準じてご利用下さい。
 詳しく検索するには
たくさんのワードを入力し検索する場合には?
複数のワードを入力する場合には、ワードとワードの間にスペース(全角ではなく半角です)を入れてください。
検索方法「どれかを含む」「全てを含む」の違いは?
  • 「どれかを含む」
    入力ワード全てが含まれていることばも、入力ワードそれぞれが含まれることばも合わせて検索されます。
    (幅広く検索したい場合にお使い下さい)
  • 「全てを含む」
    入力ワード全てが含まれることばのみを検索させます。
    (検索結果を限定したい場合にお使い下さい)
    検索結果は“ことば”の50音の順番に表示されます。

内容での疑問や不明な点、誤字などございましたらお手数ですが介護110番宛にメールでお知らせ頂けますようお願いします。