アレルギー

生体は体外から侵入した異物に対し「抗体」を作り出し、異物が再侵入する時にはその異物と結合して処理、無害化する能力を持っています。これは防御機構のひとつで、免疫反応といわれるもの。この際原因となる異物を「抗原」といいますが、抗原と抗体の結合によって免疫反応が生体に傷害を起こすことがあり、この現象を「アレルギー反応」、原因となる「抗原」を「アレルゲン」と呼びます。アレルギー反応によって起こる病気には、気管支喘息アレルギー性鼻炎、花粉症、アナフィラキシーショック、急性じんま疹、アトピー性皮膚炎などがあり、これらの病気には遺伝性があります。また、アレルギーは、花粉、カビ類、動物の毛などの吸入、卵、牛乳、ナッツ、小麦、蟹、エビなどの食物、ペニシリンなどの薬剤、色素などへの接触などから引き起こされます。

注目キーワード(2018年10月2日付)

この内容の不備な点を報告する

入力したことばの どれかを含む 全てを含む
「介護110番事典」の利用規約に準じてご利用下さい。
 詳しく検索するには
たくさんのワードを入力し検索する場合には?
複数のワードを入力する場合には、ワードとワードの間にスペース(全角ではなく半角です)を入れてください。
検索方法「どれかを含む」「全てを含む」の違いは?
  • 「どれかを含む」
    入力ワード全てが含まれていることばも、入力ワードそれぞれが含まれることばも合わせて検索されます。
    (幅広く検索したい場合にお使い下さい)
  • 「全てを含む」
    入力ワード全てが含まれることばのみを検索させます。
    (検索結果を限定したい場合にお使い下さい)
    検索結果は“ことば”の50音の順番に表示されます。

内容での疑問や不明な点、誤字などございましたらお手数ですが介護110番宛にメールでお知らせ頂けますようお願いします。