高齢者虐待防止法

2006年4月、高齢者への虐待が深刻な状況にある場合に、高齢者を保護するための対策や、その養護者を支援するための対策などを講じることで、高齢者虐待の防止、高齢者権利擁護を図ることを目的として施行された法律です。正確には、高齢者虐待の防止、高齢者養護者の支援等に関する法律といいます。ここでいう虐待とは、主に(1)暴行などの身体的虐待、(2)極度の減食や長時間の放置などの介護放棄、(3)暴言などの心理的虐待、(4)わいせつ行為などの性的虐待、(5)高齢者の財産を不当に処分するなどの経済的虐待の5種類の行為を指します。また、養護者とは、高齢者家族に留まらず、介護保険施設の職員、介護サービス事業者の従業員なども含まれます。同法では、高齢者に対しては、本人に重大な危険が生じる恐れがある場合、市区町村長は立入調査を行い、必要に応じて警察署長に援助を求めることができます。養護者に対しては、介護負担を軽減するために、市区町村が相談、指導、助言や、居室確保の措置を行います。また、介護保険施設介護サービス事業者に対しては、苦情処理の体制を整え、虐待防止の措置を講じるように義務づけています。

注目キーワード(2019年3月26日付)

この内容の不備な点を報告する

入力したことばの どれかを含む 全てを含む
「介護110番事典」の利用規約に準じてご利用下さい。
 詳しく検索するには
たくさんのワードを入力し検索する場合には?
複数のワードを入力する場合には、ワードとワードの間にスペース(全角ではなく半角です)を入れてください。
検索方法「どれかを含む」「全てを含む」の違いは?
  • 「どれかを含む」
    入力ワード全てが含まれていることばも、入力ワードそれぞれが含まれることばも合わせて検索されます。
    (幅広く検索したい場合にお使い下さい)
  • 「全てを含む」
    入力ワード全てが含まれることばのみを検索させます。
    (検索結果を限定したい場合にお使い下さい)
    検索結果は“ことば”の50音の順番に表示されます。

内容での疑問や不明な点、誤字などございましたらお手数ですが介護110番宛にメールでお知らせ頂けますようお願いします。