補助具

一般には身体障害者の日常生活の便宜を図るための道具全般を指しますが、行政上では、日常生活用具と呼ばれ、補装具とは区別して使われます。補装具は、製作指導や適合判定により個々の障害者に適合したものが給付される「補装具」に対し、補装具のように特に製作指導や適合判定などの必要はなく、基本的に完成品を給付されるのが「日常生活用具」とされています。ワープロ、ベッド、介護リフト、携帯用会話補助装置など、障害に合わせたたくさんの品目があります。

注目キーワード(2019年3月26日付)

この内容の不備な点を報告する

入力したことばの どれかを含む 全てを含む
「介護110番事典」の利用規約に準じてご利用下さい。
 詳しく検索するには
たくさんのワードを入力し検索する場合には?
複数のワードを入力する場合には、ワードとワードの間にスペース(全角ではなく半角です)を入れてください。
検索方法「どれかを含む」「全てを含む」の違いは?
  • 「どれかを含む」
    入力ワード全てが含まれていることばも、入力ワードそれぞれが含まれることばも合わせて検索されます。
    (幅広く検索したい場合にお使い下さい)
  • 「全てを含む」
    入力ワード全てが含まれることばのみを検索させます。
    (検索結果を限定したい場合にお使い下さい)
    検索結果は“ことば”の50音の順番に表示されます。

内容での疑問や不明な点、誤字などございましたらお手数ですが介護110番宛にメールでお知らせ頂けますようお願いします。