自己導尿

自分で膀胱に管を入れて、定期的に残尿を排出することをいいます。排尿困難の治療に改善が見られない場合に行います。多量の残尿があると、あふれて漏れてきたり、感染を起こしたり、腎臓へ逆戻りしたりするので身体に負担がかかります。自分で管を入れることで感染などの原因になるのではと思いがちですが、体内に残尿を残したまま細菌を繁殖させる方が感染の恐れがあるといえます。必ず手や指を清潔にして行うようにします。

注目キーワード(2019年3月26日付)

この内容の不備な点を報告する

入力したことばの どれかを含む 全てを含む
「介護110番事典」の利用規約に準じてご利用下さい。
 詳しく検索するには
たくさんのワードを入力し検索する場合には?
複数のワードを入力する場合には、ワードとワードの間にスペース(全角ではなく半角です)を入れてください。
検索方法「どれかを含む」「全てを含む」の違いは?
  • 「どれかを含む」
    入力ワード全てが含まれていることばも、入力ワードそれぞれが含まれることばも合わせて検索されます。
    (幅広く検索したい場合にお使い下さい)
  • 「全てを含む」
    入力ワード全てが含まれることばのみを検索させます。
    (検索結果を限定したい場合にお使い下さい)
    検索結果は“ことば”の50音の順番に表示されます。

内容での疑問や不明な点、誤字などございましたらお手数ですが介護110番宛にメールでお知らせ頂けますようお願いします。