精神障害者社会復帰施設

回復途上にある精神障害者に、居室その他の設備を一定期間利用させ、生活の指導などを行うことで、社会復帰の促進を図ることを目的とした施設です。社会的人院といわれる長期入院患者が、病院から直接地域にでて生活を営む困難さを克服する生活指導訓練施設の必要性、あるいは就労支援のための訓練施設の必要性などが緊急な政策課題となり、1988年の精神保健法施行とともに誕生しました。精神障害者生活訓練施設援護寮)、精神障害者授産施設、精神障害者福祉ホーム、精神障害者福祉工場、精神障害者生活支援センターなどがそれに含まれます。

注目キーワード(2018年9月11日付)

この内容の不備な点を報告する

入力したことばの どれかを含む 全てを含む
「介護110番事典」の利用規約に準じてご利用下さい。
 詳しく検索するには
たくさんのワードを入力し検索する場合には?
複数のワードを入力する場合には、ワードとワードの間にスペース(全角ではなく半角です)を入れてください。
検索方法「どれかを含む」「全てを含む」の違いは?
  • 「どれかを含む」
    入力ワード全てが含まれていることばも、入力ワードそれぞれが含まれることばも合わせて検索されます。
    (幅広く検索したい場合にお使い下さい)
  • 「全てを含む」
    入力ワード全てが含まれることばのみを検索させます。
    (検索結果を限定したい場合にお使い下さい)
    検索結果は“ことば”の50音の順番に表示されます。

内容での疑問や不明な点、誤字などございましたらお手数ですが介護110番宛にメールでお知らせ頂けますようお願いします。