再学習法

介護110番
ようこそゲストさん  あなたの〈知識〉〈体験〉〈思いやり〉で、みんなの質問/悩み/相談に答える!介護コミュニティにご参加ください! | ログイン/マイページ
ことば辞典詳しく検索するには>> 前に戻る
入力したことばの  
利用上のご注意利用規約に準じてご利用下さい。

再学習法この内容の不備な点を報告する

記憶の研究方法のひとつで、ドイツの心理学者エビングハウスによって考案されました。初めの学習(原学習)のリストを一定の時間後に改めて学習(再学習)してもらい、それに要する時間や試行数、誤反応数などを学習測度として用います。たとえば、50の単語リストを覚えるのに最初は30分かかっていたのが、翌日もう一度同じ単語リストを覚えたところ15分で暗誦できたとします。この場合、前回に比べて50%の学習が節約できたので、50%は覚えていて、50%は忘れたと考えるのです。記憶の保持を表す節約率は、次のようにして求められます。節約率=(原学習時間?再学習時間)÷原学習時間×100

この内容が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有してください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る