再学習法

記憶の研究方法のひとつで、ドイツの心理学者エビングハウスによって考案されました。初めの学習(原学習)のリストを一定の時間後に改めて学習(再学習)してもらい、それに要する時間や試行数、誤反応数などを学習測度として用います。たとえば、50の単語リストを覚えるのに最初は30分かかっていたのが、翌日もう一度同じ単語リストを覚えたところ15分で暗誦できたとします。この場合、前回に比べて50%の学習が節約できたので、50%は覚えていて、50%は忘れたと考えるのです。記憶の保持を表す節約率は、次のようにして求められます。節約率=(原学習時間?再学習時間)÷原学習時間×100

この内容の不備な点を報告する

注目キーワード

2015年3月1日付

入力したことばの どれかを含む 全てを含む
「介護110番事典」の利用規約に準じてご利用下さい。
 詳しく検索するには
たくさんのワードを入力し検索する場合には?
複数のワードを入力する場合には、ワードとワードの間にスペース(全角ではなく半角です)を入れてください。
検索方法「どれかを含む」「全てを含む」の違いは?
  • 「どれかを含む」
    入力ワード全てが含まれていることばも、入力ワードそれぞれが含まれることばも合わせて検索されます。
    (幅広く検索したい場合にお使い下さい)
  • 「全てを含む」
    入力ワード全てが含まれることばのみを検索させます。
    (検索結果を限定したい場合にお使い下さい)
    検索結果は“ことば”の50音の順番に表示されます。

内容での疑問や不明な点、誤字などございましたらお手数ですが介護110番宛にメールでお知らせ頂けますようお願いします。