No.53361 夜中のおむつ交換について

No.53361は質問(相談内容)です。

返信する
No.53361:夜中のおむつ交換について[介護者の姪]ID:bevbJYnN 2013/03/13 22:13
最近骨折から祖父が車いす生活となり、同居している叔母の介護生活が始まりました。祖父は92才ですがまだぼけてはおらず、トイレに行きたい感覚もわかっているそうです。しかし自分一人ではトイレに行けないので、おむつをするようになりました。昼間はほとんど出ず、夜中寝ている間に大量にするとのことで、おむつに2枚パッドを敷いて使っているようですが、寝ている間にぬれると気持ち悪いのか、(おそらく無意識で)自分でパッドを外してしまい、掛布団がびしょ濡れになってしまうのが叔母の最近の悩みだそうです。夜、2回叔母が自分がトイレに行くときに祖父を起こしておむつ交換をしているそうですが、朝までおむつのままでしっかり寝てくれるというのは、無理なことなんでしょうか?自分で勝手にパッドを外してしまうのをやめさせる、あるいは気持ち悪くならずに済む方法はなにかないでしょうか?

発言一覧

以下、No.53361の質問に対する回答です。

 53361: 夜中のおむつ交換について [介護者の姪] ID:bevbJYnN 2013/03/13 22:13
 ├◇53364: 夜中のおむつ交換について [ベランダ] ID:ZLKYVKVD 2013/03/13 22:32 評価
 └◇53387: Re: 夜中のおむつ交換について [更紗] ID:gmR7ne3v 2013/03/14 15:19 評価
  └◇54682: Re: 夜中のおむつ交換について 介護応援談 [ふじ王] ID:qp4I9JYE 2013/06/18 16:34 評価

返信する
No.53364:夜中のおむつ交換について[ベランダ]ID:ZLKYVKVD 2013/03/13 22:32
私と母の在宅介護の中で、必要不可欠だったのが、
テーナというスエーデン製のオムツです。
母も夜中の尿量は大変多かったので、マックスタイプを使っていました。
介護者本人に不快感を与えないという目的で作られたもので、
ベタッとした感触を感じないようにできているそうです。
ケアマネに教えてもらいました。自分で使用したことがないので、
どれほど快適なのかはわかりませんが、尿取りパッドなどを付けずとも
夜9時ぐらいにつけて、朝の8時ぐらいに交換するだけで事足りました。
逆に尿取りパッドを付けると、ベタッとした感触になるので、逆効果になります。

日本製のオムツで使われているポリマー吸収体のようなものがなく、
ほぼ綿のような素材で作られています。
少し割高ですが(1枚100円程度?)、おむつ交換で要介護者の睡眠を妨げずに済むし、
こちらも夜中の大仕事から解放されるので、決して高くはないと思います。
福岡市に住んでいますが、市から半額補助もありました。

付け方にちょっとしたコツが必要ですが、
電話での応対やHPでのレクチャーなども丁寧です。

商品名で検索して頂くと簡単にヒットします。

返信する
No.53387:Re: 夜中のおむつ交換について[更紗]ID:gmR7ne3v 2013/03/14 15:19
初めまして、訪問看護師をしている者です。

おじいさまが92歳でいらっしゃるということは、叔母様も60歳近い方でいらっしゃるでしょうか?夜間の排泄のお世話は、かなりのご負担かとお察しします。

男性の場合、なぜか夜間に排尿が集中することは、よくあることです。
なぜかはよくわかりませんが、子供のおねしょのメカニズムから考えると、ヒントがあるかもしれません。

通常、夜間は尿ができる量を減らすホルモンが働き、朝まで膀胱いっぱいにはたまらない仕組みになっています。

しかし、このホルモンの分泌が未発達の子供は、夜の尿量が減らないためにおねしょをします。

このホルモンは、体内時計によって調節されています。
体内時計は、光の刺激を受けないと25時間周期と言われています。

人間は24時間周期で暮らしていますので、1時間ずつずれていく計算になりますが、太陽の光を決まった時間に浴びることでリセットされると言われています。

寝たきりの方は、太陽の光を浴びる時間がまちまちになり、体内時計が狂うためにホルモンの分泌もずれてくる可能性が考えられます。

ですから、寝かせたい時間に合わせて朝日を当てることが重要と考えます。
これは、部屋の中でも構いません。必然的にベッドの位置が重要になります。
どうしても北向きの部屋で朝日が入らない場合、手間ではありますが、毎朝同じ時間に車椅子に乗せて朝日のあたる場所まで移動されるのが、良いと思います。

子供の場合、1ヶ月程度で体内時計が戻ると言われています。
朝は、洗濯に掃除と忙しいのですが、この手間をかけることで、もしかしたら夜間の排尿が減るかもしれません。

高齢者にこの対策をオススメするのは初めてなので、うまくいくかは未知数ですが。

長文になりますが、掛け布団への対策です。

不快感でパットを外される行為も、よくみられます。
私の経験では、男性に多く見られます。

いくら説明しても、改善は難しいでしょう。
掛け布団に対策を施す以外ないかもしれません。
通常の掛け布団シーツのちょうど腰に当たるあたりに、おねしょシーツを縫い付けるのはいかがでしょう?

予備を用意し、マジックテープを双方に縫い付けておけば、夜間汚染した場合、外して新しいものを取り付けるだけで済むかもしれません。掛け布団シーツを変えなくて良いのは、大きいと思います。

ズボンの着脱を容易にする仕組みのパジャマズボンが販売されています。
男性は特に、夜間のオムツ交換が飛躍的に楽になると思います。

私も考案して、現在製造会社を探しています。
ご興味がありましたら、「ちぃーちゃ」と「わっと」の物語で紹介しておりますので、ご覧下さい。
動画を載せていますので、どういうズボンか参考になるかと思います。

返信する
No.54682:Re: 夜中のおむつ交換について[ふじ王]ID:qp4I9JYE 2013/06/18 16:34
はじめまして。
福祉用具専門相談員をしている者です。

特に夜間の排泄介護はとても大変ですよね。
最近ですが、「さらさら屋」で扱っている商品で、介護保険適応商品の、
自動排泄処理装置付介護ベッドという商品があります。
日中は自分で排泄処理できる機能もあり、利用者のトイレトレーニングもできるそうで、夜間は自動で洗浄から乾燥処理までできるので清潔に保つこともでき、煩わしさも軽減できて安眠が得られるそうです。
利用者が安眠を得られるということは介護者ご自身も安眠が得られとのことですので、是非、参考にしてみて下さい。