No.6405 補聴器のハウリング(ピー音)を防止する方法を教えて

No.6405は質問(相談内容)です。

返信する
No.6405:補聴器のハウリング(ピー音)を防止する方法を教えて[おぼんこぼん]ID:??? 2007/04/18 23:46
母(82)が耳掛け式補聴器を使っているのですが、最近ハウリングが酷くなって困っています。皮膚も弱くなってきているので、無理に耳栓を入れていると痛くなってくるようです。耳栓は近々オーダーする予定ですが、最近新聞広告で見かけた、”低反発の材料製で小さく絞って耳に入れると耳穴の形にふくらむタイプの耳栓”を使ってみたいと言います。使い心地など知りたいのですが、経験された方いましたら教えてください。また、どこで入手できるかも教えてください。

発言一覧

以下、No.6405の質問に対する回答です。

 6405: 補聴器のハウリング(ピー音)を防止する方法を教えて [おぼんこぼん] ID:??? 2007/04/18 23:46
 ├◇6413: Re: 補聴器のハウリング(ピー音)を防止する方法を教えて 介護応援談 [すけさん] ID:??? 2007/04/19 09:50 評価
 ├◇6437: Re: 補聴器のハウリング(ピー音)を防止する方法を教えて [こんいちは] ID:??? 2007/04/20 14:13 評価
 └◇6574: Re: 補聴器のハウリング(ピー音)を防止する方法を教えて [山桜] ID:??? 2007/04/25 21:13 評価

返信する
No.6413:Re: 補聴器のハウリング(ピー音)を防止する方法を教えて[すけさん]ID:??? 2007/04/19 09:50
ハウリングの原因は集音部とイヤホンのバランスでおこるもので補聴器の場合イヤホン音量を大きくするとどうしても生じることが多いことは言われています。高額なものではこのハウリング対策を十分対応したものが市販されていますが電池量が少なくなったときなどに生じるようなことを聞いています。

補聴器を常に耳につけておくというのは中途聴覚障害の高齢者には苦痛なもので、おっしゃるような耳栓も出ているようなこともお聞きしていますが利用者本人に適合するかは使ってみないとわからないのが実情です。
補聴器ではなくて助聴器といわれる割合安価な聴覚支援器などはいかがなものでしょうか?
耳の遠い高齢者が人と話をする時だけに電話機のように耳に当てて拡声する器具です。
自分の声も相手の声も大きくなり、また電話機のように手に持って使うため、話を聞こうとすることでより話を理解できると思います。
商品名は「聴太郎」「聴次郎」などの名前が付いています。お近くの介護ショップでご相談されたならお試しができると思います。

返信する
No.6437:Re: 補聴器のハウリング(ピー音)を防止する方法を教えて[こんいちは]ID:??? 2007/04/20 14:13
 耳栓のことをおっしゃっているので、栓とハウリングの関係はご存知なのだろうと思います。栓が大きすぎたり耳に合わず正しく着装できないのであれば、栓を交換するか、加工することが手軽な方法ですね。
 他の商品降りように関してはすけさんも使ってみなければ・・・とおっしゃっています、試用を念入りに・・よい環境が得られると良いですね。

返信する
No.6574:Re: 補聴器のハウリング(ピー音)を防止する方法を教えて[山桜]ID:??? 2007/04/25 21:13
補聴器歴15年の私から少しアドバイスを。補聴器の「ピー」って音ですが、本当にうるさくてかけてる本人にとってはストレスを感じてしまうんですよね。生活音なんかも補聴器をかけてる人にとってはうるさいんですよ。例えば、高い音や物が一斉に動く音なんかは本当に耳が痛いんですよね。補聴器をつけると、人の声が聞こえるようになるだけだと使用経験がない方は思われると思いますが、実際には人の声よりもそういった生活音を大きくひろうんですよね。なので、今はデジタル式で調節できる物もあります。お母様もそうであればお勧めしますよ。デジタル式ですと、低い音が聞き取りにくい・高い音が聞こえすぎるなど、その人にあった聞き取りかたに合わせて調節してくれます。またデジタル式ですから、お店の機械ですぐ調節できるんですよね。
耳掛け式のタイプは使った事がないのですが、掛けてる事も気になるようであれば耳穴式は本当にいいと思います。人から見えにくいですし、つけてる感覚もあまりないので、そういった負担も減少できます。また耳穴式の場合は、その人の耳の穴の型をとってその大きさに合わせて作られるので、耳掛け式のタイプとは違うと思います。
これは、友人の話ですが。耳穴の形をしてハウリングが起こりにくい、イヤモールドというのもあるそうですよ。できれば眼鏡屋さんより、補聴器専門を扱っているお店で購入されることをオススメします。